内科

内科イメージ

日本内科学会が認定する総合内科専門医である当院長が担当します。一般内科では、体の部位や症状の程度などにこだわることなく、内科全般を幅広く診療していきます。多くの患者さんは、原因がはっきりしている体調不良によって受診されることが多いです。具体的には、感冒をはじめ、腹痛、嘔吐・吐き気、下痢といった消化器症状、息苦しさや動悸、胸が締め付けられるような痛みといった、呼吸器(肺、気管支)や循環器(心臓、血管)症状を訴えているなどです。

なお循環器の異常や症状に関しましては、当院長が日本循環器学会認定の循環器専門医でもありますので、さらに詳細な検査を行うなどして診断をつけていきます。また総合内科専門医でもあることから、原因が特定できない体調不良を訴える患者さんにつきましても、訴えをよく聞く、症状を注意深く観察する、必要であれば検査を行うなどして総合的に判断し、専門的治療が必要な場合、該当専門診療科へと案内いたします。その結果、入院加療や高度医療機器による検査や治療が必要となった場合は、当院と地域医療連携を図っている総合病院や専門の医療機関を紹介いたします。

このようにあらゆる疾患に対する、最初の窓口として当院が皆様のお役に立てればと切に願っております。

また急性の症状だけでなく、長い治療期間を要するとされる慢性の症状につきましても当院の対応となります。例えば、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症 など)をはじめ、度々見舞われる頭痛、めまい、便秘といった症状、さらに腰痛が長い間続いている、不眠に悩まされている、アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、じんましん など)が疑われるといった場合もご相談ください。

生活習慣病はこちら

発熱の症状があれば、来院前にご連絡を

発熱や風邪に似た症状があるという患者さんは、来院される前に一度お電話にてご連絡ください。当院スタッフから、いくつか質問などをさせていただき、その後の受診方法などについて説明させていただきますので、その指示に従うようにしてください。これは、来院中の患者さんや当院スタッフを院内感染から守り、できるだけ安全な医療環境を提供できるようにするためのものです。お手数をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いします。

以下のような症状はご相談ください

  • 発熱※来院前にお電話ください
  • 咳、鼻水、喉の痛み、いびき
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など) お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、胸の圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 血圧が高い
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 歩くと足がだるくなる
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

一般内科で取り扱う主な疾患

急性疾患
  • 風邪症候群
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)
  • 尿道・膀胱炎
  • 熱中症
  • など
慢性疾患
  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症(痛風) など)
  • 貧血
  • 頭痛
  • 便秘
  • 腰痛
  • 不眠症
  • アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、じんましん 等)
  • など