予防接種

予防接種イメージ

当院は予防接種も行っています。予防接種というのはワクチン接種のことで、ワクチンとはある感染症の病原体(細菌、ウイルス など)の病原性を無力化もしくは極力まで弱めた液体です。これを体内に注入していくことで、特定の感染症に対して免疫がつくようになります。つまりワクチン接種をすることによって、同様の感染症に今後感染したとしても発症しにくくなるか、発症しても症状が軽度で済むようになります。

このように予防接種は、個人の身を守るということもあるのですが、すべての人が同じように接種できるということはありません。このようなことから接種できない方にも感染させない(市中感染を防ぐ)という目的もあります。

なお当院では、各種ワクチン接種を行っていますが、個別のワクチン接種を希望される方は、まずお気軽にご相談ください。
代表的な個別ワクチンには、以下のようなものがあります。

新型コロナワクチン

新型コロナワクチンの特徴

新型コロナワクチン接種により、発熱や咳などの症状の発症を抑えたり、重症化を防ぐ効果があると報告されています。重症者や死亡者が減ることが期待されています。
接種後の副反応として、接種部位の疼痛、頭痛や倦怠感、筋肉痛などが報告されています。ごくまれに、接種後のアナフィラキシー(急性アレルギー反応)や心筋炎・心膜炎の報告がされています。新型コロナワクチンの薬事承認に関しては、有効性・安全性を臨床試験や科学的知見に基づいて確認されています。

接種できるワクチンは、現在 初回接種(1回目・2回目)に関してはファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社です。追加接種(3回目)できるワクチンは、ファイザー社、武田/モデルナ社です。

コロナワクチンの詳細に関しては、厚生労働省が開設しているサイト「コロナワクチンナビ」をご覧ください。

2月10日より新型コロナウイルスワクチン(武田/モデルナ社)接種を開始いたします。
(※2022年6月よりファイザー社製ワクチンに変更になります。) 

接種開始にあたり、ただいま受付を開始しております。

  • 接種を希望される方は、お電話あるいは窓口での予約をお願いいたします。
  • ご不明な点は、お電話でお問合せ下さい。
    なお、お電話で多数の方が同時に予約受付される状況では、お電話がつながりにくくなる可能性がありますので、あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

一人でも多くの方がワクチン接種を受けて頂き、健康に過ごして頂けるようスタッフ一同、努めてまいりますのでご理解のほどお願いいたします。

インフルエンザワクチン

感染力が非常に強く、高熱や風邪の症状、関節痛や倦怠感などが伴うインフルエンザには予防対策として、手洗い、うがい、マスクの着用などがありますが、最も有効とされているのが、インフルエンザワクチンの接種です。インフルエンザは、小児や高齢者、基礎疾患をお持ちの免疫力が低下している方が罹患すると重症化しやすく、インフルエンザ脳症(幼児が罹患しやすい)や肺炎を伴いやすくなります。このようなリスクをできるだけ軽減させるためにも接種されるようお勧めいたします。

なおインフルエンザは、例年12月~翌3月頃までの間に流行するとされ、自治体が実施するインフルエンザワクチンの接種も例年10月頃から開始します。ちなみに同ワクチン1回の接種による持続効果期間は約5カ月程度、接種後に効力が発揮するまでに2週間程度の期間が必要と言われています。そのため、ワクチンの効果をできるだけ最大化させるには、遅くとも流行のピークを迎える1月の2週間前、12月中旬までに接種されるようにしてください。

また同ワクチンは、年齢によって接種回数が異なります。13歳未満のお子さんは計2回の接種が必要で、13歳以上の方から1回の接種となります。2回接種時のタイミングについてですが、1回目の接種日から2~4週間程度空けてから受けるようにしてください。

インフルエンザワクチン(自費) 3,000円
(初年度 2,950円)

肺炎球菌ワクチン

肺に炎症が起きている状態を肺炎と言い、発症の原因はウイルスや細菌の感染、薬剤、アレルギーなど様々ありますが、全体の3割近くが肺炎球菌による肺炎が原因と言われています。また肺炎は、日本人の死因上位に挙げられている疾患ですが、亡くなられている方の95%以上の方が65歳以上です。そのため、高齢者の肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種は定期接種となっており、高槻市でも対象となる方に費用の一部を助成しています。なお定期接種と言いましても、高齢者の方すべてを対象とはしていませんので、詳細につきましては高槻市の公式ホームページをご覧ください。

また、定期接種の対象とならない方につきましても、全額自己負担にはなりますが接種すること自体は可能です。お気軽にお問合せください。ただし、肺炎球菌ワクチンの再接種を希望される方で、前回の接種から5年以内という場合は、注射部位に強い痛みが生じることがありますので、ご注意ください。

肺炎球菌ワクチン(自費) 8,000円

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹をご存じですか?

水痘・帯状疱疹ウイルスが原因でなる疾患で、水ぶくれを伴う発疹が、顔や胸などに帯状に出現し強い痛みを伴う病気です。

日本人の約3人に1人が、80歳までに帯状疱疹を発症すると考えられています。帯状疱疹は皮膚症状が治った後も何年もの間、疼痛が残る帯状疱疹後神経痛に移行する可能性があります。50歳以上では約20%の患者さんが、この帯状疱疹後神経痛に移行するといわれています。長く続く慢性疼痛は患者さんの生活の質を大きく損なうことがあります。

2016年に、本邦で開発され小児の水痘に使用されてきた乾燥弱毒生ワクチン「ビケン」に50歳以上の方に対する帯状疱疹予防の効能・効果が追加されました。

当院では、50歳以上の方に、帯状疱疹によるつらい症状からお守りするため、帯状疱疹ワクチンを提供(自費:8,000円)しております。

予約制になりますので、希望される方はお気軽にお問合せ下さい。なお、免疫抑制状態の方には、接種を控えて頂く場合がございますので、ご了承ください。

帯状疱疹ワクチン(自費) 8,000円